京都大学 大学院 情報学研究科 システム科学専攻 システム情報論 研究室紹介

  • 人間機械共生講座
  • システム構成論講座
  • システム情報論講座
  • 応用情報学講座

システム情報論講座

各種の個別的な技術に関して、システム科学、情報学的な観点からの教育・研究を通して、総合的かつ組織的なシステム情報論の構築をめざします。すなわち、情報通信、論理生命学、医用工学、などの個別のシステム技術、方法論等の新たな開発を指向した研究とともに、システム情報論の理論発展と実践に大いに貢献しうる人材の育成を行います。

情報システム分野

情報システム イメージ

わたしたちの身の回りには、不特定多数の利用者が競合する様々な情報・サービスシ ステムが存在し、そこでは、利用者およびサービス提供者の双方が、不確実な情報に 基づく意思決定を求められます。こうした不確実な環境における最適な意思決定の方法 論の構築をめざして、確率過程を用いたモデリングやシミュレーション法の開発、なら びに、応用確率論、待ち行列理論、統計学、最適化理論、ゲーム理論などを用いた数 理モデルの解析と性能評価に関する教育・研究を行います。

情報システム分野研究室

論理生命学分野

試行錯誤に基づく自律的な行動選択則の学習モデル

知性(脳)や生命は、不確実で変動する環境に適応する複雑システムです。その情報処理原理の解明を目指して、計算論的神経科学、システム生物学、バイオインフォマティクスなどのモデル化(理論)研究を実施しつつ、生物に学んだ柔軟な情報処理機構のロボット応用などの実用化研究へと展開します。生命システムに関する学際的な教育・研究を実施します。

論理生命学分野研究室

医用工学分野

医用工学分野研究イメージ

医用システムに関する研究には情報とバイオという2つのキーワードを結びつける学際的な展開が求められます。医学部をはじめとした幅広い分野との共同研究体制のもとで、生体機能のシミュレーションやイメ ージング法の開発あるいは生体物理特性の新しい計測・表現手法の確立などを目標に、医学・医療を支える情報システムに関する教育・研究を行います。

医用工学分野研究室

このページのトップへ